製品

2Week遠近両用コンタクトレンズのおすすめ製品!まだ老眼鏡はしたくない

2Week遠近両用コンタクトレンズのおすすめ製品!まだ老眼鏡はしたくないのイメージ画像

老眼が始まったかも…?と思われた方は、老眼鏡の前に遠近両用コンタクトレンズを試してみてください。遠近両用コンタクトレンズは通常の近視用・遠視用コンタクトレンズに比べて、近くと遠くの両方を見るのに適したレンズ設計になっています。

しかし近視用コンタクトレンズに比べて、値段が約1.5倍高いので、少しでも安くしたい方は1dayタイプではなく、2Weekコンタクトレンズを選択されることをおすすめします。

実際、1dayと2Weekの年間費用の差は平均で5万円程変わったりします。この記事で費用計算もしているので参考にしてみてください。
この記事でわかること
  • おすすめの遠近両用2Weekコンタクトレンズはどれか?
  • 各製品の値段と性能の分布を解説
  • 1dayと2Weekの年間コスト比較

2Week遠近両用コンタクトレンズ全3製品一覧

現在、国内で販売されている遠近両用2Weekコンタクトレンズは、各メーカーサイトを調べたところ、3製品しかありませんでした。今後の開発に期待しましょう。

No 1 2 3
製品名 エア オプティクスプラス
ハイドラグライド
マルチフォーカル
バイオフィニティ
マルチフォーカル
2weekPure
マルチステージ
酸素透過係数 112 128 30
含水率 33 48 58
ベースカーブ 8.6 8.6 8.6
中心厚 0.08 0.1 0.09
UV なし なし あり
発売日 2019年11月 2014年7月 2016年12月
平均価格帯 ¥3,827 ¥4,868 ¥2,310

↑横スクロールできます。

2Week遠近両用コンタクトの値段とスペック分布図

遠近両用2Weekコンタクトレンズの酸素透過係数と価格相場グラフ

上図は右上に行くにつれて、より安いより酸素を通しやすくなります。この3製品の中では比較的新しく発売された「エアオプティクスプラスハイドラグライドマルチフォーカル」がコスパのバランスが良いので最もおすすめです。

2Week遠近両用コンタクト総合おすすめ製品

1位 エアオプティクスプラスハイドラグライドマルチフォーカル
2位 バイオフィニティマルチフォーカル
3位 2weekPureマルチステージ

1位

エア オプティクス プラス ハイドラグライド マルチフォーカル

エアオプティクスプラスハイドラグライドマルチフォーカル

2週間で最もおすすめなのは、「エア オプティクス プラス ハイドラグライド マルチフォーカル」です。2019年11月に発売されて比較的新しい製品です。空気を通す量が高く、涙を吸い取る含水率も低めなので、長時間装用でも乾きにくい、疲れにくいです。※個人差があります。

価格相場では海外より国内通販の方が安い傾向にあります。また国内通販でも処方箋提出は不要です。性能、価格、利便性の点で優れています。
製品スペック
  • 製品名:エア オプティクス プラス ハイドラグライド マルチフォーカル
  • グループ:Ⅰ
  • 装用期間:2週間使い捨て
  • レンズタイプ:遠近両用
  • 酸素透過係数:112[2位/3製品中]
  • 含水率:33%
  • ベースカーブ:8.6mm
  • レンズ直径:14.2mm
  • 中心厚:0.08mm
  • UVカット【A】:なし
  • UVカット【B】:なし
  • 平均価格:4,868円/1箱(30枚)
  • 販売元:日本アルコン(株)
  • 製造元:Alcon Laboratories Inc.米国
  • 日本発売開始:2019年11月~

最安値通販ランキング

エア オプティクス プラス ハイドラグライド マルチフォーカル
通販ショップ     価格 送料込
楽天 日本国内通販 処方箋不要 10,590円
アットレンズ 日本国内通販 処方箋必要 12,340円
レンズクイック 日本国内通販 処方箋必要 12,340円
Amazon 海外通販空輸 処方箋不要 12,560円
レンズラボ 海外通販空輸 処方箋不要 17,808円
日本国内通販国内発送(約3日)海外通販空輸海外発送(約10日)処方箋

2位

バイオフィニティ マルチフォーカル

バイオフィニティ マルチフォーカル

遠近両用コンタクトレンズの2週間用で最も性能が良いのは、クーパービジョン社の「バイオフィニティ マルチフォーカル」です。2014年に発売された比較的古い製品ですが、酸素を通す量は2週間レンズ3種類の中で最も性能数値が高いです。値段も一番高いです。

海外通販と国内通販の価格差がかなりある商品です。国内通販の方が、半額近く安く購入できます。しかし国内通販では処方箋提出が必須ですので、悩ましいですね。。。
製品スペック
  • 製品名:バイオフィニティ マルチフォーカル
  • グループ:Ⅰ
  • 装用期間:2週間使い捨て
  • レンズタイプ:遠近両用
  • 酸素透過係数:128[1位/3製品中]
  • 含水率:48%
  • ベースカーブ:8.6mm
  • レンズ直径:14.0mm
  • 中心厚:0.10mm
  • UVカット【A】:なし
  • UVカット【B】:なし
  • 平均価格:4,868円/1箱(30枚)
  • 販売元:クーパービジョン・ジャパン(株)
  • 製造元:CooperVision, Inc 米国
  • 日本発売開始:2014年7月~

最安値通販ランキング

バイオフィニティ マルチフォーカル
通販ショップ     価格 送料込
楽天 日本国内通販 処方箋必要 9,380円
アットレンズ 日本国内通販 処方箋必要 14,320円
レンズクイック 日本国内通販 処方箋必要 14,320円
レンズモード 海外通販空輸 処方箋不要 23,120円
ベストレンズ 海外通販空輸 処方箋不要 27,520円
日本国内通販国内発送(約3日)海外通販空輸海外発送(約10日)処方箋

3位

2weekPureマルチステージ

2weekPureマルチステージ

最も安いレンズをお探しならこの「2weekPureマルチステージ」が3製品の中では圧倒的に安いです。性能も極端に悪いわけではないので、コストを気にする方はまずはこの製品から試してみるとよいと思います。

海外通販ではほとんど扱っていない製品です。お探しの場合は国内通販で購入しましょう。国内でも処方箋不要です。
製品スペック
  • 製品名:2weekPureマルチステージ
  • グループ:IV
  • 装用期間:2週間使い捨て
  • レンズタイプ:遠近両用
  • 酸素透過係数:30[3位/3製品中]
  • 含水率:58%
  • ベースカーブ:8.6mm
  • レンズ直径:14.2mm
  • 中心厚:0.09mm
  • UVカット【A】:45%
  • UVカット【B】:60%
  • 平均価格:2,310円/1箱(30枚)
  • 製造販売元:(株)シード
  • 日本発売開始:2016年12月~

最安値通販ランキング

2weekPureマルチステージ
通販ショップ     価格 送料込
レンズクイック 日本国内通販 処方箋不要 9,512円
Amazon 海外通販空輸 処方箋不要 9,720円
アットレンズ 日本国内通販 処方箋不要 10,416円
楽天 日本国内通販 処方箋不要 11,530円
レンズアップル 日本国内通販 処方箋不要 12,640円
日本国内通販国内発送(約3日)海外通販空輸海外発送(約10日)処方箋

2Week遠近両用コンタクトの製品別年間費用算出

製品名(2Week) 1箱値段 年間費用
2weekPureマルチステージ 2,310円 36,966円
エアオプティクスプラスハイドラグライドマルチフォーカル 3,827円 61,235円
バイオフィニティマルチフォーカル 4,868円 77,895円

参考:1day遠近両用コンタクトレンズの年間費用

下表は「1day」遠近両用コンタクトレンズの各製品年間費用です。やはり2Weekの方が圧倒的にコストを抑えられることがわかります。

製品名(1day) 1箱値段 年間費用
デイリーズアクアコンフォートプラスマルチフォーカル 3,090円 74,171円
バイオトゥルーワンデー遠近両用 3,343円 80,235円
ワンデーピュアマルチステージ 3,399円 81,585円
プロクリアワンデーマルチフォーカル 3,516円 84,376円
ワンデーアキュビューモイスト マルチフォーカル 3,857円 92,577円
デイリーズトータルワン遠近両用 4,667円 112,016円

2Week遠近両用コンタクトおすすめ製品のよくある質問

遠近両用コンタクトで乱視用のものはあるの?
現在は、まだ遠近両用で乱視用のコンタクトレンズは開発・販売されていません。近い将来出来る事を願いましょう。それまでは乱視用コンタクトレンズの度数(PWR)を少し落として近くのものも少し見えやすくするようにいするとよいでしょう。
実際に付けると見え方が劇的に大きく変わるの?
個人差がありますが、遠近両用コンタクトレンズを付けると、近くのものにピントを合わせる目の負担がやや軽減します。しかし、装用した直後から明確に違いがわかるようなことは少ないので、過度な期待はしない方がよいでしょう。
遠近両用コンタクトを購入する時は何か特別な検査数値がいるの?
遠近両用コンタクトレンズは近視用コンタクトレンズと同じ度数(PWR)の数値で購入します。この度数に加えて「ADD(加入度数)」という数値が必要になります。これは近くを見るための度数調整を行うもので、+1.25/+2.00/+2.50という数値になります。メーカーによってはこの数値を入力する欄が、LOW/MED/HIGHの3種類になっている場合もあります。数値が多いほど近くを見るための度数調整が強くなります。初めて購入される方は+1.25からスタートされることをおすすめします。
1dayと2Weekで遠近両用コンタクトレンズの値段に差がある?
1dayコンタクトレンズの平均価格は、3,646円/箱となっています。2Weekの平均価格は、3,669円/箱です。これをそれぞれ年間コストに置き換えて計算すると、1day年間費用が87,504円/年で2Weekが31,798円/年となり、2Weekの方が年間で5.5万円以上も費用を安く抑えることができます。※当事務局集計結果
1day遠近両用コンタクトレンズのおすすめ製品!もう40歳を過ぎたら無理しない!のイメージ画像
1day遠近両用コンタクトレンズのおすすめ製品!もう40歳を過ぎたら無理しない!現代社会でスマホは必需品になりました。大抵の人は40歳を超えたあたりから、近くの文字が見えにくくなってきます。そんな方は老眼鏡を手に取る...

まとめ

2Week遠近両用コンタクトレンズは1dayよりも年間費用が圧倒的に安くなります。毎日のお手入れは面倒ですが、その分費用節約効果もあります。まだまだ各メーカーも製品を開発していくと思うので、今後の新発売製品に期待しましょう。

関連情報

種類別おすすめコンタクト一覧